カテゴリー「その他」

2010年5月16日
ラヴェルさんて、すごいかも。

GWも終わり、お天気も春をすっとばして初夏に入りかけてきた今日この頃...
そんな、絶好のピクニック&草野球&昼からbeer日和な今日も
麻生フィルの練習は行われるのでございます。

そろそろ曲の全体もつかめたし、個人練もできてき...た、はずが
やっぱりいろいろありまして、今日の練習は基礎の確認的な時間もけっこうありました。
はたで聞いている分には「あー、そういう仕組みだったんだー!」と勉強になったり
でも確かにスコアにはそう書いてあるよねぇ、と納得したり、でした。
自分が矢面に立つときには、そこまで冷静じゃいられないですけどね。

今日のおもしろい音(コーナー化は未定)。
「展覧会の絵」の最初の方で、ビオラやバイオリンにグリッサンドが出てくるのです。
ピアノだと、鍵盤上を手の指全体をすべらせて鳴らすアレ。
弦楽器では、左手を弦の上を滑らせることで表現します(たぶん...)
その音を指して小田野先生いわく「元祖シンセサイザーだよね」
「ラヴェルは、どうにかしてその音を出したかったんだよね」と。
なるほどー。音程の定まらないウィ〜ンって音、画期的です。
16分音符32分音符は当たり前の(?)弦楽器に
あえてこまかく譜割りを書かずに「グリッサンド」をさせているのですね。
ただし、どの辺でウィ〜ンて上げてどの辺で降りてくるかということは
奏者やオケの解釈にかかっているわけです。
その辺はアナログもデジタルも関係ないですね。

「展覧会の絵」には、そういう「いろんな音の表現」が出てきます。
元々、いろいろな絵をモチーフに書かれた曲なので
曲によってテーマも音のキャラクターもだいぶ違う、でも、
全体で一つの曲になっている、その辺りを楽しんでいただければと思います。

2010年4月18日
ファミリーコンサート練習開始!

麻生音楽祭、ファミリーコンサート2010に向けて練習が始まりました。

今回の指揮者は小田野宏之先生です。

麻生フィルでは、ほとんど事前のパート練習無しに 全奏に突入します。

初めの練習は、とりあえず通せるかどうか、ドキドキです。

自分がナワを踏んでしまわないように、緊張します。

前回に引き続き、今回もフランスものが入ります。

プーランク作曲「子象ババールの物語」

臨時記号が多くて、ソルフェージュ自体が゛大変です。

どうなることかと思っていましたが、

みなさん予習ができているようで、なんとなく雰囲気が出ていて、

うれしく思いました。


フランスからロシアへ…

フランスづくしの春の定期演奏会を終えて、次なる音楽の旅はロシアへ…。

引き続きフランスの作曲家プーランクの作品を取り上げつつ、ロシアへ移動。
ロシアの代表的な作曲家の一人ムソルグスキーの、『禿げ山の一夜』『展覧会の絵』に挑戦します。

ここで「お!?」…と思われた方、鋭いですね!
そう、皆さんがよくご存じの『展覧会の絵』は、後にフランスの作曲家ラヴェルが管弦楽に編曲したラヴェル版なのです。

ということで、今回もフランス音楽的要素が見え隠れするお洒落なプログラム。

プーランクの『子象ババールの物語』は劇団民芸の役者さんによる朗読もありますので、こちらもぜひぜひお楽しみに!

2010年4月4日
アンティーク・シンバル



本番が終わった後で、というのもタイミング悪いですが、滅多に出てこない楽器なので紹介します!

「牧神の午後への前奏曲」の最後の方に出てくる打楽器です。シンバルという名前がついていますが、最大の違いは「音程があること」。金属の円盤1つ1つに音が割り当てられています。今回、本物の楽器を借りてきたのが前日・当日のみだったため、それまでの練習はグロッケン(鉄琴)でやっていました。

音は「チリーン」という感じでしょうか。まさにグロッケンのような音ですが、もう少し厚みとか深みがあるような... 気のせいかもしれませんが、グロッケンでやるよりもオケとなじみやすいような感じがしました。

演奏方法は、写真のようにスタンドに取り付けてバチでたたく他に、普通のシンバルのようにひもを通して両手で打ち鳴らすこともあります。

ところで、バチでたたくということは、イコール、バチの性質(大きさとか堅さとか材料とか)によって音がけっこう変わるということです。その辺は打楽器の醍醐味のひとつかもしれません。特にティンパニでは、1曲の中で何種類ものバチを使い分けることが多々あります。生演奏を聴く機会があったら、注目してみてくださいね。

余談ですが、これを書くためにwikipediaで定義などを見てみたら、スタンドへの付け方が表裏逆だったということが判明!でっぱっている部分を下にして付けるみたいです。付ける時に迷って両方やってみたところ、そんなに音は変わらなかったので影響はあまりないはずですが、でもちょっとショック...(>_<)

2010年4月4日
印象派づくし

4月4日(日) 第51回定期演奏会 @川崎市多摩市民館 

印象派づくしの春の定期演奏会が終わりました。

マニアックな曲目にもかかわらず、いつもと変わらない大勢のお客様に恵まれました。ご来場下さったみなさん、ありがとうございました。正直、一般的に人気の高い曲目とは思えず、実際あまり前売り券の売れ行きも良くなかったので客席は寂しいのではないかと覚悟していたのですが… 

しかし私個人的には念願の「ダフニスとクロエ」が演奏出来てとても嬉しかったのです。特にトロンボーンがそんなに活躍する曲でもないのですが、とにかく曲が大好きなんですよ。個人技はそれほど必要としないのですが、とにかく合わせるのがとてつもなく難しくて、1月ごろは「やっぱりムリなんじゃ…」とか、「少なくとも自分自身満足出来るような演奏にはなりそうにないな…」とか、好きな曲だけにマイナス思考でした。が…

いやあー、何とか出来ましたね!

録音聴いてみたらガッカリするかも知れませんが、少なくともステージ上での感触は、「あそこまで出来るとは正直思っていなかった。」という感じです。いやー、楽しかった!

 «Back 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Next»

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.