アマチュアオーケストラってどんなところ?

外国の(外国人が作曲した)音楽を理解するには、まず、その国の言語を知ることが大切です。
チャイコフスキーならロシア語、ラヴェルならフランス語…。

演奏をするにあたり、「もっと歌って…!」などと言われることがありますが、(我々がオーケストラで取り上げる曲の大半は「歌詞」は付いていませんが)実際に声に出して歌ってみることは、大事ですよね。
そのとき、できれば…「その国の言葉」で口ずさめると、より一層フレーズ感が掴みやすく、作曲者の意図する音楽が明確になってきます。

語学が堪能でなくてもよいのです。
何らか楽器をやっている人は「耳」がよいですから、音としての特徴を捉えるのは得意です。
そこで、その国の言葉の特徴を思い浮かべながら歌ってみると、これが実に効果的なのですよ。

「珈琲」を2拍子で書くとどうなるでしょう?
外来語ですが、日本語で「コーヒー」と言ったら、8分音符4つが均等に並んだ2拍子ですね。

フランス語ではどうでしょう?
フランス語でコーヒーは「le café」(あるいは「un café」)ですが、これは8分の6拍子の感覚に近いですね。
冠詞の部分がアウフタクトで、caféは2拍子の1拍目、記譜上は3連符になるでしょうか。

日本語にはアウフタクトはほとんどないと思いますが、ヨーロッパの言語にはこれがあり、単語は3連系が多いような気がします。
この言語(文化)の違いが、音楽(リズムの捉え方)の違いになるのかな…と思うわけです。

外来語ではなく、日本語を例にとっても同じような現象が起きます。
例えば「代々木」。

三文字ですが、日本語では「コーヒー」と同様8分音符4つの2拍子で、最後の8分は休符ですね。

これを英語圏の人が読むと、ほぼ100%に近い確率で3連符系になります。
「ヨヨ~ギ」…この最初の「ヨ」はアウフタクトで、「ヨ~ギ」は3連で最初の2音がタイ。
かなりシャッフル系の発音をする方もいらっしゃいます。

「三三七拍子は四拍子である」というのは有名な話ですが、日本で三三七拍子といったら、「三拍子+三拍子+七拍子」のような変拍子ではなく、常に四拍子なのです。

このように日本語とヨーロッパ系の言語は、そのリズムからして根本的に違うので、生まれる音楽が感覚的に異なるのは、ごく自然のことなのですね。
だからこそ、外国で生まれた音楽を理解するには、その国の言葉の理解が不可欠というわけです。

カンツォーネはイタリア語だからこそ歌える歌だと思いますし、中国の音楽は中国語独特の発音やイントネーションがそのまま音楽のニュアンスに繋がっていると思います。

さて、今春の麻生フィルの定期演奏会の会場は、ホームグラウンドの麻生区ではなく、お隣の多摩区での開催となります。
最寄り駅は小田急線の「向ヶ丘遊園」です。

この駅名がどことなくジャジーに聞こえるのは、「向ヶ丘遊園」5拍子だから…ではないでしょうか。

5拍子といえば…ジャズファンでなくても誰もが一度は聴いたことがあると思われるデイヴ・ブルーベックの「テイク・ファイブ」。
この曲のイントロとAメロのバッキングはまさに…

♪むこ~がぉかゆぅえん むこ~がぉかゆぅえん …♪

…と、常にこんなことを考えながら電車に乗っているような人たちが集まって演奏をしているところ…

それがアマチュアオーケストラです!?

2010年3月7日
降り番部屋

3月7日(日) 全奏@青葉幼稚園

いやー、ようやくワケの分かった演奏になってきましたね。どんな曲、どんな音楽でもそうですが、ホント、音楽って聴くのと演奏するのとでは大違い。あと1ヶ月足らずでこれを客席から聴いても美しい演奏にしていかないといけないわけですが…

さて、今日は趣向を変えて、我が麻生フィルの練習場をご紹介します。

新百合ヶ丘駅から徒歩約10分、青葉幼稚園です。全奏が出来るホールと、教室を二部屋、それにプレイルームをお借りしています。練習場の確保は多くのアマチュアオケにとって悩みのタネですが、その点麻生フィルは本当に恵まれています。特に私たち管楽器奏者にとってありがたいのは、降り番の曲(出番がない曲のこと)の時にホールと別に借りている教室で個人練習やパート練習が出来ることです。もちろん、セクションごとの分奏などにも便利。中には演奏会の曲と関係のないアンサンブルなどをし始める一団も…

ちなみに、もう一つの部屋「プレイルーム」は、子連れで練習に来る夫婦団員らが組織した「子供会」用の部屋となっていて、やはり降り番の大人が交代で見守る中、小さい子供たちが遊んでいます。

なぜこんな贅沢な練習環境を手に入れられたのかについては、1983年の設立当初にまで遡らなければならないのでここでは語りませんが、これを読んだ他の団の方が「じゃあうちも」と言って近所の幼稚園に掛け合ったところで、そう簡単にはいかないであろうことは確かです。 先人の労苦と園のご厚意にただただ感謝です。

今日私は降り番の時間を利用して、友の会会員の方に送付する会報と同封するチラシの折り畳みをしました。100人を大きく上回る会員さんがいるので一人でやると泣きそうな作業ですが、降り番部屋でやっていると、他のメンバーが練習の手を止めてワラワラ集まって来て手伝ってくれるので、あっという間に終わります。こんな小さなことにも麻生フィル団員の運営面への参画意識の高さが表れていると思います。これは麻生フィルの自慢の一つです。


ストレート

みなさんは、「ストレート」という言葉から
何を思い浮かべるでしょうか。

「ヘアスタイル」という答えは女性に多いかもしれない。
「ウイスキーの飲み方」という方は、ダンディーなイメージ(笑)。
「ボールの投げ方」というのは、野球少年かな?

ところが、オーケストラの練習でも、出てくるんです
「ストレート」。

決して、楽器をまっすぐに構えて音を出す とか
まっすぐな音を出す とかではありません。

正解は、繰り返し記号を無視して先へ進むこと です。
私も、どこかで教わった記憶はないので
前後の文脈で「あぁ、そういうことなんだ…」と覚えてきた気がします。

でも、私はかなりの無知なので
実は楽典とかに何かそういう記述があるのかもしれませんが…

次回とりあげる「クープランの墓」は繰り返しの多い曲でして
今日の練習で「じゃあ、いったんストレートでやってみましょう」と
いうことになったのですが
ついつい繰り返しをしてしまう人もちらほら。
慣れてないことをするのは難しいものなんでしょうね。

  1. N_Kurata :

    僕は野球のイメージが強いです。「直球」のことですね。変化球じゃないやつ。キャンプも終わってもうオープン戦かぁ・・・ 今年はどうかなー・・・ 去年よりはちょっとは・・・(横浜ファンです。) 

    なるほど、リピートなしですか。ポピュラー曲の楽譜などでは繰り返しが多くありますが、例えば、ダル・セーニョで戻った曲の最初の方にリピートや
    「1. 「2. があった場合、これをやるのかやらないのかを示すために、ダル・セーニョのところに、D.S.Time Straight などと表記されているのを時々見ます。

    でも、我々金管奏者がオケや楽器の練習関連で思い出すのは、ミュートの形ですね。ストレートミュート、カップミュートなどいろいろありますが、オケではストレートミュート以外は滅多に使いません。

2010年1月31日
三石先生との初合わせ

今日は久しぶりのTutti、今回の指揮者、三石精一先生との1回目の練習でした。

今回はラヴェルとドビュッシー、印象派作品ばかりのプログラムです。印象派作品は一人ひとりの役割が、「旋律」、「和音」、「低音」というようにハッキリとはしていないので、ただでさえ合奏が難しいわけですが、それに加えてTuttiが昨年12月20日以来、三石先生とも初回ということで、正直、「ヒエーー、む、難しい…」という感じで終わってしまいました。まあ今日は三石先生としても「こんなテンポのこんな感じでやります。」という「施政方針演説」みたいなもの。細かいことは置いておいて、時間内に全曲の練習をして下さいました。とにかく慣れが必要なこれらの曲、最後の「ダフニスとクロエ」はそのあたりを配慮して下さってか、最後に「もう一度通しましょう。」、これで少しは形になり、ちょっと安堵感を持って練習を終えることが出来ました。すぐに来週もう一度三石先生のTuttiなので、来週はもう少し何とかなる、かな…?

それにしても、最後の「ダフニスとクロエ」は速いのなんのって… ホントにこのテンポでやるんですか? まあ、出来たらカッコイイけど… しかし三石先生、本当に若くて元気です。25年前から全然見た目の印象が変わらない、いったい今おいくつなのか…

  1. noripeko :

    三石先生は、それぞれの曲を始める前に、いろいろなお話をしてくださいました。その中から「牧神の午後への前奏曲」で印象に残ったものをいくつか…

    曲の中で和音の平行移動が見られますが、これはドビュッシー自身がピアニストであったことと関係あるのではないかということです。そう思ってスコアを見てみると、確かに同じ形に手を広げたまま移動させているようなところがあります。

    それとこの曲のタイトル、原語では「à l’après-midi d’un faune」と書かれています。この最後の「faune」というのが牧神(上半身は日本人…じゃなくて人間で、下半身は山羊の神様)なのですが、この神様が今回4曲目でとりあげる「ダフニスとクロエ」の中にも登場するんですね。作曲者は違っても、題材を神話からとってくるところで、共通点も出てくるのでしょうか。

    演奏上のあれこれはもちろんのこと、直接関係がないかもしれないような、そんな話も満載なので、降り番の曲でもtuttiは楽しいですね。

2010年1月10日
弦分奏

新年初練習は、松浦修先生のご指導で行われました。会場はひさしぶりの昭和音楽大学北校舎。以前は昭和音楽芸術学院といっていました。始めてお借りした203教室は30名収容ということでしたが、見積もり違いで弦楽器全員にはだいぶ狭かったです。(-_-;)
ダフニスとクロエには、みんな苦労していました。夜明けの景色に使われる、32分音符のアルペジオは、難しいです。合っているのかいないのか、わからない音程と、どこで出て良いのかわからないリズム(^_^;)
さて、これから4月の本番までにどのくらい美しい不協和音と優雅なルバートに近づくことが出来るのか、楽しみなところです。松浦先生には2010年10月24日の定期公演で、シューマンの交響曲第4番他を振っていただく予定なんですよ。

  1. sleepy_olive :

    お疲れさまでした。
    3div.4div.は当たり前。中には6div.もあるよ!
    というバーゲンセール並みのディヴィジョンに、譜面を追う目が泳ぎました(苦笑)。
    基本がピアノを両手で弾いたときのハーモニーに近いので、スコアをピアノで弾いてみると、和声のイメージが少し掴みやすくなりますね。
    単音でさらってると、わけわからなくなります。。

 «Back 1 2 3 ... 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 Next»

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.