ヴァイオリニストは短調がお好き?(其の壱)

まず、懸案の(笑)ニ短調ですが…

ヴァイオリン弾きにとっては、どちらかというと弾いてて気持ちのいい調です。

ニ短調には、ヴァイオリン弦GDAEの全ての開放弦が含まれているので、まずなんといっても演奏しやすい(笑)。
そして響きやすい(和声でいう主音、属音、下属音が開放弦なので倍音の響きが豊かになります)ので、結果、弾いてて気持ちのいい調べになるわけです。

クラシックの楽曲でニ短調の曲は山ほどありますが、ヴァイオリンがメインの曲だけでも…

バッハのドッペル(二つのヴァイオリンのための協奏曲)、ラロのスペイン交響曲、シベリウスのヴァイオリン協奏曲、モンティのチャールダッシュ…と、けっこうな有名曲があるわけですが、なんとなく共通点はあるような気が…しなくもないですね。

調としてはマイナーなので決して明るくはないのですが、サウンドとしてはけっこう華やかなイメージがあります。

ポップス系でも、ニ短調の曲は派手な印象があります。
世代によって思いつく曲は様々かと思いますが、私の世代では…

真っ先に思い浮かぶのはYMOの「ライディーン」とアン・ルイスの「六本木心中」…(笑)。

そもそも「ライディーン」はレミファ~♪で始まりますので、ニ短調ということがわかりやすい曲でもあるのですが、「六本木心中」もイントロのシンセサイザーのアルペジオが、もろニ短調ですね。

変化球ですが、イントロでニ短調ということがわかりやすい曲という意味では、マイケル・ジャクソンの「スリラー」もそうでしょう。

もうちょっと古い時代には、

わ~たしピンクのサウスポ~♪(ピンクレディーの「サウスポー」)とか…

さらには、

どうにもとまらない~♪(山本リンダの「どうにもとまらない」)とか…

いろいろありますが、マイナー調でありながら、イメージとしては、どちらかというと…悲しみや哀愁より派手さや強さを感じませんか?

一方、今回麻生フィルでも取り上げる、もしかして日本で一番有名なヴァイオリン協奏曲といったら、これか…あれか…ではないかと思われる、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲。
ホ短調です。

ホ短調ってどんな調?

…というところで、今回はおしまい。
この続きは次回ということで…

(もちろん夏休みの課題(「愛する妻へのプレゼントはなぜニ短調なのか」も忘れてはいませんよ!汗)


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.