2010年5月16日
ラヴェルさんて、すごいかも。

GWも終わり、お天気も春をすっとばして初夏に入りかけてきた今日この頃…
そんな、絶好のピクニック&草野球&昼からbeer日和な今日も
麻生フィルの練習は行われるのでございます。

そろそろ曲の全体もつかめたし、個人練もできてき…た、はずが
やっぱりいろいろありまして、今日の練習は基礎の確認的な時間もけっこうありました。
はたで聞いている分には「あー、そういう仕組みだったんだー!」と勉強になったり
でも確かにスコアにはそう書いてあるよねぇ、と納得したり、でした。
自分が矢面に立つときには、そこまで冷静じゃいられないですけどね。

今日のおもしろい音(コーナー化は未定)。
「展覧会の絵」の最初の方で、ビオラやバイオリンにグリッサンドが出てくるのです。
ピアノだと、鍵盤上を手の指全体をすべらせて鳴らすアレ。
弦楽器では、左手を弦の上を滑らせることで表現します(たぶん…)
その音を指して小田野先生いわく「元祖シンセサイザーだよね」
「ラヴェルは、どうにかしてその音を出したかったんだよね」と。
なるほどー。音程の定まらないウィ〜ンって音、画期的です。
16分音符32分音符は当たり前の(?)弦楽器に
あえてこまかく譜割りを書かずに「グリッサンド」をさせているのですね。
ただし、どの辺でウィ〜ンて上げてどの辺で降りてくるかということは
奏者やオケの解釈にかかっているわけです。
その辺はアナログもデジタルも関係ないですね。

「展覧会の絵」には、そういう「いろんな音の表現」が出てきます。
元々、いろいろな絵をモチーフに書かれた曲なので
曲によってテーマも音のキャラクターもだいぶ違う、でも、
全体で一つの曲になっている、その辺りを楽しんでいただければと思います。


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.